投稿

6月, 2020の投稿を表示しています

中国に"廃棄物"を送るのやめるってよ(罰則つき)

イメージ
令和2年6月29日(月)時点での気になるニュースについて、声高に吠えさせていただきます。 コモディティは、バーターだろ ノリリスクって、そういうところだろ 中国に"廃棄物"を送るのやめるってよ ここんところの世界の動きって、一切の流動性を感じさせないですが、実のところ大きな地殻変動が起きていますよね。じんわり、じんわり。そんな表現が適切だと思います。トランプ先生界隈も、色々とかき乱す人が出てきていますが、「 結局は選挙利権 」なわけです。大きな声を出して、わめけばわめくほど、お金が入るシステムです。オリンピックと同じですよ。四年に一度、国民の"やる気"に火をつけて、日常の鬱憤晴らし、現実逃避に利用する。その裏では、為政者がゴニョゴニョやって、莫大なカネが動く。結局のところ、「国民のために云々」は、大義名分でしかなく、すべてが陣取り(利権死守)ゲームの一環です。 コモディティは、バーターだろ 参照:『 ハイオクガソリン、実は混合 「独自開発」のはずが…20年前から各地で 失笑というか、「何を今更」な感じが否めないです。この記事を書かれた方は、なにをターゲットに、なにを得ようとしているのかが不明瞭です。そもそも、我々庶民は、ハイオクが必要になるような車には乗れませんし、燃料の違いで車の特性がわかるようなセンスも持ち合わせていません。そんなこと言うのであれば、「国産果汁100%使用」なのに、「果汁分が全体の30%しかない健康ジュース」の処遇はどうなる。 大阪の会社が関東に商圏を持っていて、千葉の会社が関西に商圏を持っている。この両社が、"同一の規格品"を扱っていたとするならば、お互いの仕向先を、より近い方に振り替えた方が、物流コストは圧縮できるわけです。買う側からしても、「同じ規格ならば」、地理的に近いところから買った方が、不要なコストをカットできるし、安全なわけです。これを企業努力ないし、営業力と言わずして、他になんと例えることができようか。 現に、我々の非鉄金属スクラップ業においても、川上の重鎮企業様方は、当然のように"バーター取引"をやっています。しかしながら、「あ、それ、僕もやりたい」と言っても、そうは問屋は卸

うちの会社は、お前んとこの倉庫じゃないぞ

イメージ
ネタが無いです。Twitterで買取金額を流し始めてみたけど、続きません。そんなことを、よく耳にします。非鉄金属スクラップの問屋さんの社長さんのハナシです。じゃあ、やめてしまえばいいのに。そう思う、今日この頃。 個人的に、 大阪のトーナイさんのブログ は、毎朝必ずチェックさせていただいています。もちろん、先方の買取単価も気になりますが、それ以上に、あの古代史から始まる"濃密な"ハナシのファンです。あまり回りくどく言っても、長ったらしくなるので、端的に トーナイさんのブログ の魅力を申し上げると、「オンライン・メディアを通して、社長の顔、会社の色がみえる」ことにあります。 また、連日欠かさずに情報を発信されているところに、"強い信念"を感じるし、"安心感"を得ます。「ああ、この会社なら、長いスパンでお付き合いできるな」だとか、「これだけの見識があるのであれば、すべて任せておけばいいな」だとか。要は、「 頼りがいがある 」ということです。 個人的な見解ですが、Twitterでもブログでもなんでもいいんですが、どんな小綺麗な体裁で取り繕っても、内容がなければ、訴求力は無いし、継続して発信していかなければ、"与信の蓄積"は得られないわけです。 当ブログに関しては、さすがに毎日の更新はできていませんが、極力、節目節目で、フレッシュな情報、なおかつ個人の"色"が出るように、なるべく「夏休みの感想文」にならないように、細心の注意を払いながら、ちまちまと発信させていただいております。 ここから、一気にニッチな業界ネタについて。 昨今、銅系の板条(ばんじょう)メーカーの原料需要が、激減しているというハナシをよく耳にします。当然ですよね。先行き不安の真っ只中にあって、積極的な材料発注、前広に仕掛かりを抱える勇気のある製品メーカーは、皆無に等しいと思います。しかしながら、車輌系、特に弱電系ともに、需要は底堅いようです。巣ごもり需要、給付金で刺激された"手堅い消費"の恩恵を受け、カネを使える人は、今のうちに使いたいと感じている。あと、今月末に終了する、電子決済に対する補助政策の駆け込み需要という要素もあります。 なにがスマートなんだ

きっと、その先に、なにか明るいものがあるだと信じながら

イメージ
この停滞感、本当にマズいなあと切実に思う、そんな今日この頃。いっそのこと、「底を打つ」とか、そんな柔な発想ではなく、「底を壊す」ぐらいの荒療治が必要だったのではないか、そのように思うわけです。相場のハナシです。 某北欧の国、"集団免疫"を獲得するために、「オイラ達は、なんもしなくても、大丈夫さ」などと強がっていた方々がおられましたが、結論としては、「やべえ。きちんと対策しておけばよかった」という事態に陥っているわけです。実際に、彼らがやっていたことは、対策でもなんでもなくて、単なる"驕り"であったわけです。確かに、彼の地では、CCR5受容体に遺伝子異常が見受けられ、HIVウィルスに対して耐性を持つ方々がおられます。数々の流行病(はやりやまい)を克服してきた歴史がありますので、「オイラ達は…」という短絡的で刹那的な思想の元、「なにもやらなかった」わけです。 毎度の下世話で恐縮ですが、オンライン・ゲームというものにハマっています。現実逃避です。もはや、"ビデオ・ゲーム"という概念は存在しません。おそらく、若者世代にとって、「もう一人の自分が、もう一つの世界で、普段できないようなことを、思いのまま実現するための空間(=サード・プレイス)」が、現在のゲーム空間なのでしょう。かつての我々世代のそれは、箱庭の中で、「ペシペシ殴り合って昇竜拳」でしたが、若者は「サブマシンガンでビクロイ(Victory Royale)」です。 サイバル・ゲームの神髄 筆者が入れ込んでいるのは、『フォート・ナイト』というゲームです。その醍醐味のひとつに、「面識もない人とチームを組んで、オンライン上でサバイバル・ゲームができる」ということが挙げられます。端的に申し上げると、ひとつの目標(最後まで生き残る)に向かって協力し合うだけのゲームです。若干難しい言い方をすると、「 ラフ・コンセンサス(暗黙の合意形成)の芯を捉え、オノレの役割を愚直に全うすること 」が求められるゲームです。 商売にも通じる部分かと思われますが、チーム内にリーダー・シップがなければ、他のチームに喰われます。そして、必ず、独力で、腕力だけで「なんとかできる」と過信してしまうチーム・メイトが出現します。ご察しの通り、当然のことながら他のチームに喰

銅の精錬事業者は、帳簿上は調子悪いようですが、実態はいかに

イメージ
前回の ポスト で、まったくの与太話を繰り広げてしまいましたので、今回は真面目に取り組みます。しかしながら、今週のアクセス解析をみていると、興味深いですね。いつもながら、米国からのアクセスが多い。その次ぐらいに、「不明な地域」、そして、ロシアとくる。米中露、並びに北朝鮮在住の山師の皆々様のお陰で、この胡散臭い都市伝説ブログは継続できています。ありがとうございます。 ここ数日間の気になった、非鉄金属関連のニュース一覧です。 日刊工業新聞『 非鉄大手7社の前期、4社が当期減益 需要減と銅下落響く 』 素人目線で恐縮ですが、住友金属鉱山の利益率は、他の精錬会社に比べ、高い印象を受けます。それぞれの会社が、収益のピボットが違うので、一概に高い安いでは判断できませんが。 製販一体ワザで営業活動にシナジーが出ている のでしょうか。 Mining.com - " Gold price up as Fed commits to low rates " 相場のことは、よくわかりませんが、恐らく「金は官製相場だよ。てへぺろ」ということでしょうか。現況としては、株価もそうだと思いますが、実需云々ぬかしてないで、さっさとカネを回せというのが、お上の意向なのでしょう。個人的には、 パラジウムの堅調上げを期待 しております。 (以下、記事より抜粋。和訳は、 DeepL を使用。) Earlier in the session, spot gold rose 0.4% to a one-week high of $1,744.60 per ounce, before pulling back to $1,735.05 by noon EST. US Gold futures also rose 1.3% to $1,737.50 per ounce, heading for its biggest gain in more than a month. セッションの初めには、スポット金は0.4%上昇し、1オンスあたり1週間の高値である1,744.60ドルまで上昇しましたが、東部標準時の正午までに1,735.05ドルまで下落しました。米国の金先物も1.3%上昇して1オンスあたり1,737.50ドルとなり、1ヶ月以上で最大の上昇に向かっ

航空会社のクレジットカード、いつ解約しようかな

イメージ
もの凄い下衆なハナシなんですが、いわゆる航空会社の"エリート・プログラム"って入っていますか?安心してください。広告ではありません。 近い将来、"ポストC19"の時代が否応にもやってきます。それも、本当にあっという間でしょうね。"ウィズ"の時代でさえ、なにがなんだか、うまく対応できているのか、はたまた政府に騙されているのか、既に感染したのか。そんなことでさえ、理解できないまま、かりそめの人生を歩んでいます。寝て起きたら、もう、周りの人間は、"ポスト"に生きていて、自分だけ置いてけぼりになっていた、なんてこともあるかもしれません。時代の潮流が変わったのだから、これまでの"常識"に生きていたら、「変わった」ことさえ気付けないのは当然です。 "プリC19"時代、我々は、「お金さえあれば」、望めば世界の果てまで、望む時に、行けました。今考えると、とても恵まれた環境にあったのですね。 昨晩、筆者が契約している航空会社系のクレジットカードの解約を検討しました。なぜかというと、普段使わないし、今後も「海外へ行かないのであれば」必要がないと思ったからです。ですが、なぜか解約することができません。年会費も馬鹿にならないので、「使わないのであれば」、純粋な無駄です。 あのときは良かった 仮に、"ポスト時代"において、あなたが海外での仕事を得たとします。渡航に関しては、個々の対策(ワクチンやら防護服など)があれば、ある程度の自由は担保されるものとします。そして、ここが肝なんですが、「今般のウィルスの感染経路が、いわゆる"Chaoticな密"にあると"断定"された場合」です。(大方、そうなんでしょうが、一緒にいれば必ず感染するのか、それ意外の経路はないのか等、まだまだ深掘りする余地はあると、筆者は考えています。) 一部の特殊な方々は、こう考えるのではないでしょうか。「ワケのわからん奴らと、同じ空間にいなければいいんだ」と。特に、いわゆる"グローバリスト"と呼ばれる、飛行機を一種のタクシーのように利用される方々においては、これまで以上に、"一般人&q

日本の金属スクラップ業界が疲弊すればするほど利するのは、海外の仕手筋です

イメージ
陰鬱とした日々が続きます。ウィルス騒動も一時は鎮静化していましたが、また、都内での感染者が、数値上はハネているように報道されています。何遍も言いますが、結局は、お上のさじ加減です。実際の感染者が、増えていようが、減っていようが、お上にぶら下がるメディアが吐き出す情報しか、一般大衆の得られる客観的な情報は、ないわけです。 翻って、我々の金属スクラップ業界における、信頼のおけるメディアとはなんでしょうか。 日本経済新聞 でしょうか。 産業新聞 でしょうか。大手や業界新聞を読んでいると、「世間一般は、こういうことを考えているんだな」という、表層的な概要を理解することができるようになります。恐らく、どの資源系商社さん、スクラップ問屋さんでも、新人教育の際には、"ハナシのネタ"として主要業界紙を購読するように指導するかと思います。 なにを信じていますか 併せて、市中の相場観を養うために、影響力のある問屋さんの独自発信情報を定期的にチェックされている方も多いかと思います。 大畑商事 の価格表でしょうか。 荒井明商店 のブログでしょうか。東南アジアのスクラップ・ディーラーは、大畑さんのウェブサイトを、日本のいわゆる"通り相場"として捉えているようです。古くからインターネットの可能性を見抜き、パイオニアとして情報を発信し、今もなお継続して、そのポジションを確固たるものとされている。この影響力は、経営上の重大資産ですよね。 筆者個人の見解としては、 いわゆる「業界の動向を追うため」、いわゆる「相場の動きを追うため」に、お金を払うことの意義が薄れてきている ように感じています。「 いくらで売れるのか 」ということを知りたければ、問屋さんの独自発信情報をみれば済みます。かつては、LMEの前日終値を知る術が、新聞媒体や一部の大手商社の営業マンが持ち込む情報にしかなかったのかもしれません。ただ、現在に至っては、逐一、いわゆるアプリで相場をみることができます。要は、相場情報というものが、大衆化したということであり、陳腐化したということです。 ある程度タイムリーに、均質的な情報が流布することで、なにが起きたかと言えば、「過当競争」と「参入障壁の崩壊」です。極論を申し上げてしまえば、金属スクラップを触ったことがある人間であ

今回の騒動を確実に乗り切ることができたら、もの凄い大波に乗れるんじゃないか

イメージ
いやあ、銅相場上がっていますね このご時世、疫病だのなんだのと、全世界が慌てふためくなかでも、虎視眈々とオノレの稼ぎに生きる方々がいらっしゃいます。実需があろうがなかろうが、そんなことは、知ったこっちゃない。オレの関心は、相場の上げ下げだと。オノレのリスクのもとで、利益を最大化するために、ポジションをとる。カネを突っ込んで、自分の売りたいとき、買いたいときに取引をする。資本主義経済に生きる以上、こうやっていくしかないんだ。そういうことですよね。 もう少し、毎度の与太話が続きます。 昨日、とある 有名人のYoutube を観て、非常に感銘を受けました。なにが凄いのかというと、とにかく「リアル」であるということに尽きると思います。ここ数年のメディアトレンドとして、"キュレーション"というキーワードがありました。良く言えば、「わかりやすいように編集する」ということでありますが、実際のところは、「情報をうまく切り貼りして、新たな意味や意向を付与する」ことが前提となっていたように思います。平たく言えば、テレビ局の偏向報道に使われる専門家のコメントですよね。真意と報道の内容に大幅な乖離が生まれるときがあります。 "リアル"ってなんだろう 彼の広告媒体としてのYoutubeには、それがないんですよね。当然、ご自分で編集からアップロードまでやってらっしゃるのでしょうから、他者のバイアスの影響はありません。それにしても、「胡散臭さ」が一切なく、好印象しか受けません。言うなれば、彼の"人間味"が遺憾なく発揮されている。声のトーン、顔の表情、家族との関係性、どれをとっても、負の側面を感じさせません。まあ、でも、実際にお会いしたことはないので、実物の彼が、どのようであるのかは、まったく知るよしもありません。ただ、スクリーンに映る彼は、これまで持て囃されていた当時のそれと、まったく違った印象を与えることに成功しています。 リンク:与沢翼さんの公式Youtube - 『 でかい商流を完全否定「与沢の流儀:第37条」 』 与太話は、まだ続きます。 この「リアル」から、なにを引き出したいのかというと、そうです。トランプさんですよね。劇場型政治を体現した男です。(日本にも、時の米国大統領に対して、テ

ダチョウ倶楽部のオレがオレからの、どうぞどうぞ

イメージ
前回のポスト(『 金属スクラップ原料の流通も、厳しくなりますねえ 』)から、既に1週間が経ちました。時間の感覚が、以前に比べ、"重く"なったような気がしてなりません。これは、筆者独自の感じ方でしょうから、人によっては、以前より"軽く"なったと感じるかもしれません。ただ、ひとつ間違いなく言えることは、「不確実性の高まりが、 "これまでの当たり前"を、"そうではないモノ"と変えた 」ということではないでしょうか。 ベースメタル全般において、相場の上昇傾向が続き、この1週間のあいだに、幾ばくかの流動性の改善というモノが見えてきたのかもしれません。現に、銅のソレは、中国の景気がどうのこうのといった、謎の下支え要素を根拠に、高止まりしているように見受けられます。彼の地では、なんと言おうと、実際に生産活動も消費活動も活発化しているようですし、官製であることは否定できませんが、"いちおう"は実需も底堅いようです。 時代錯誤もほどほどにしてくれよ でも、まあ、冒頭でも触れましたが、「 これまでの当たり前は、もう当たり前ではない 」ということは、常に頭の片隅、いや、常に眼底に刷り込んでおかなければならないと思います。この有事下において、「 誰にいつ、梯子を外されるか 」ということは、予期できません。これまでも、同じようなことを言ってきたような気がしますが、これは、これからのトレンドになりますよね。「かつて調子が良かったから、これからも大丈夫だろう」というのは、二昔前の与信管理手法ですよね。お互いに支え合っていたから、ある程度の"ボヤ"は未然に防げたのでしょうが、今は、必ずしも利害関係者が助けに来てくれるわけでもない。助けに行く余力がないかもしれない。 ハナシは、いつものごとく脱線しますが、最近殊に強く思うことがあります。あれだけ、「 屑屋はなくならない 」と 強気だった方々が、揃いも揃って意気消沈している なあということです。これだけ、流動性が少しずつ戻りながらも、頼りの中国が満面の笑みで「(ちょっと安いけど)買うよ!」と愛想を振りまいているにもかかわらずです。 よくよく聞いてみると、「設備投資しちゃったから」だとか、「資金が回らな

金属スクラップ原料の流通も、厳しくなりますねえ

イメージ
いつのまにか、緊急事態宣言が解除されました。当初の予定では、6月明けてからということだったのでしょうか。筆者の予想としては、6月の6日前後かなと思っていました。山師の勘 とでも言いましょうか、全くもって根拠のないハナシです。ただ、安倍首相の"采配"というものを振り返ってみると、どうやら古から受け継がれる、 二十四節気に関係があるのではないか 、そのように思わせる局面が多々あります。いわゆる、太陽の動きをみて、夏至だとか冬至だとか言い表す暦の世界ですね。次回は、まさに冒頭で言及した6月6日。そして、この日は満月も控えているわけです。ちなみに、この暦には、平気法(日数換算)と定気法(角度換算)との二種ございます。筆者が用いるのは、後者です。 虚勢を張ることの空しさ おそらく、首相お抱えの占い師(昔で言うところの陰陽師)が、「この日がいいんじゃないか、あの日じゃ縁起が悪い」などと吹聴しているのでしょう。そして、今般の早期解除に関しては、首相自身が 強権を用いて、威勢の良さを発揮するために、無理矢理、周りとの足並みを揃えずに、「やってしまった」 事案だと邪推しております。どうでもよろしいハナシですが、政権の内部で確執が深まっていることは、間違いない事実のようです。 かつて、当ブログで『 アフリカで花開く一帯一路 (2019/10/22)』という記事をポストしました。内容としては、コンゴ共和国で行われている、中国主導の採掘プロジェクトについてです。ここのところは、一帯一路に関する情報をあまり目にしませんが、かつてもこれからも、中国によるアフリカへの"技術援助"の歩みは、着実に進められていきます。ギニア共和国からのアルミナ輸入に関しても、同じことが言えますが、彼の国は、本当にしたたかです。緻密さはないですが、明確な指針を打ち出し、コンクリートのような数値目標をキャンバスに描き、冷徹なまでに"それ"を遵守させる。やるか、なかったことにするか。成功か、死か。ものすごい両極端です。 筆者の個人的な見解ですが、おそらくアフリカに進出した中国企業は、「コンプライアンスを守る」だとか、「アフリカの方々と互恵関係をつくる」などと考えて、仕事はしていないですよね。「自分さえよければいい」と言ってしまえば終