投稿

2月, 2020の投稿を表示しています

トイレの洗剤が売り切れる前に、薬局へ行ってきます

イメージ
今般のウィルス騒動ですが、文字通り「猛威」を振るっております。個人的には、病原体としての恐ろしさよりも、そのパラノイア的な「アイツに触ると、コロナが感染る」妄想といいますか、精神的な「脅威」としてのウィルスとしての機能の恐ろしさに目がいってしまいます。そんな中、度々当ブログでも取り上げている、" 糞口経路 "というキーワードが、再度注目を浴びているようです。 There could be a fecal-oral route for coronavirus after live virus particles were found in stool specimens, according to Chinese researchers https://t.co/UgD3ohUomv — Bloomberg (@business) February 22, 2020 2/3付『 体の奥底に潜り込んでいく 』というポストの中で、筆者はこのように申し上げました。 今般の新型コロナウィルスは、体の表層に近い粘膜ではなく、意外と体の奥底に潜り込んでいくということなのでしょう。おそらく、体の表層に症状が出る頃には、期間部位が既に重篤な範囲にわたって感染しており、免疫機能が犯された結果として、急性の呼吸器症候群が表出するのでしょう。個人的な憶測の域を出ませんが、「長期戦を覚悟すべき」なのではないでしょうか。 トンデモ論にご注意 興味半分で調べた嘘くさい情報なので、信憑性は定かではありませんが、「"例の"クルーズ船の運営会社は、過去に廃棄物の処理を適正に行なっていなかったとして、行政より再三に渡って注意を受けていたにも拘らず、迅速な対応を怠った」だとか、「IR事業を積極的に進める政府が、"カジノ・クルーズ船"を受け入れないわけにはいけない」だとか、「当該船は、ACE2酵素を他人種に比べ多く持つ特定の遺伝子保持群をターゲットにしてつくられた生物兵器の実験場および、拡散させるための濃縮機」であっただとか、トンデモ論を過信してはなりませんが、この状況下においては、信じるに値するのではないかと、逆にいぶかしく思ってしまう次第であります。 我々は、「 ポスト・トゥルース 」の時代に生きております。も

穢れを嫌う

イメージ
'19新型コロナウィルスの正式名称が決まったようです。 NPR - " New Coronavirus Disease Officially Named COVID-19 By The World Health Organization " この期に及んで、「まだ、そのネタ引きずるか」といった感は否めませんが、ここまで実体経済に影響が出てきた、出てくることを考えると、一概のクズ屋風情者の頭の中でも、「 どげんかせんといかん 」と思いを巡らせるわけです。しかしながら、今般の流行病(はやりやまい)に対して、我々が太刀打ちできるのかというと、それは無理だと思います。某国の生物兵器であるとか、どこぞの研究所由来のウィルスであるとか、いわゆるトンデモ論、都市伝説として一蹴されるような言説が飛び交っていますが、そんなことが事実であろうがなかろうが、我々の実生活、子供たちを育てていく環境にとって良くないという事実の方が大事であって、身を守る対策を講じることが最善であると考えています。 この"ヤマイ"に対してできる最善の策は、ただひとつだと考えています。 穢(けが)れを嫌う 徹底的に、汚れることに備える。徹底的に、汚れてしまったら、それを洗い流すこと。これだけ話を引っ張っておきながら、当たり前のことしか言えていないことが噴飯モノですが、それしか対策はないと真剣に考えています。もっと言ってしまえば、そうならないように「祈る」ことしかできないとも感じています。巷では、除菌して、殺菌して、マスクをして、防護服を着て、あれを食べると良い、あれを食べると悪いなどといった眉唾モノの話が盛り上がっていますが、本当にそれは"イイ"のでしょうか。 寝食を惜しんで、今般の病に立ち向かっている医療従事者の方々が、次々に感染し、命を落としています。万全の対策を講じているとされている方々でさえ、なんらかの"隙"を突かれ、この病に憑かれてしまった。この純然たる事実をもって、一般人ができうる「マスクをしましょう」だとか、「除菌!除菌!」などというマヤカシが、本当にこの病に効くのでしょうか。降って湧いたかのように「濃厚接触でした!エアロゾール感染でした!また、感染者が増えました!」などと吹聴するマ

なんか変だなあと、そんな違和感しか感じないわけです

イメージ
筆者は、2018年5月、『 きな臭い感じ 』と題し、今後起きるであろう事態についてこんなことを言っていたようです。 オカミから与えられる締め付けやら、資金繰りが難しくなることによる“手詰まり”由来の失敗が積み重なり、満身創痍の身体で野垂れ死ぬケースが増えてくるのではないでしょうか。(=飢えによる淘汰) 周辺の業者さんから聞いた話でしかないですが、中国向け輸出業者さんの中には、大陸からの資金回収に難儀していらっしゃる方々が多く出ているようです。この類の「誰それから聞いた話」ですとか、「抽象的な量を示す"多い"とか"少ない"」といった話が、筆者のような末端まで"業界情報"として出回るとき、なにを考えるべきかというと、おそらく「 相当ヤバイ状況に陥っていて、その余波は大きく、末端へも見事に押し寄せる 」ということだと思います。 なんか変… 第三者が思う「なんか、この人の近くにいると辛気臭いな」という、ふわっとした直感は、当事者が感じ取る情報以上に信憑性があったりするわけです。なぜかといえば、震源の近くにいる人、利権の中心にいる人ほど、思惑で動く取り巻きに囲まれており、マイナス要素を孕んだ情報を徹底的に隠すわけです。そして、当人もそういった情報に対して、自分の意図と反する内容であればあるほど、徹底的に排除しよう、自己の思惑に近い情報を信じようとするのが、いわゆる権力者の"サガ"であります。某大国の主席にしても、今般のウィルス騒ぎで、「親分、今回ばかりは…」と進言する取り巻きに対して、「オヌシ、なにを申す!」と一刀両断し、事態の早期解決を拒んだ。いつものごとく、強権で押さえつければ、なんとかなる、なんとかしてやるぜ、そのようなスタンスであったのでしょう。結果は、誰しもが知っている最低の事態に陥ったわけですが。 時代は繰り返す 上記の画像は、JX金属が発表している、いわゆる「 銅の建値 」をグラフにしたものです。グラフは、印象操作する者だと認識しておりますので、下限値は@500に、上限値は@900に設定しております。そこに、"筆者の意図"が介在できるように、"なんだか意味ありげな線"を引きました。筆者は、先物のトレーダーでもなけ

なにをもって、それをそれたらしめるのか

イメージ
昨日の ネタ を引きずりますが、日本語版のブルームバーグで同じ内容の 翻訳記事 が出ていました。ちなみに、新華社発信のオリジナル記事は、 こちら です。 なぜ、この話題を続けるのかというと、なんだかおかしな点が、いくつか見受けられるからです。 なぜ、「糞口経路」と言及しながら「経口感染"も"」と言い換える必要があったのか コロナウイルスは糞口経路に沿って伝播する可能性がある 新型コロナウイルス「経口感染」の可能性も 同じ記事にリンクされているタイトルなんですが、なぜか違います。おそらく、ブルームバーグ日本語版編集が改題したのだと思います。なんらかの必要があってのことでしょうか。田辺三菱製薬のワクチン.net『 感染経路について 』というウェブページを参考にすると、ウィルスや細菌の感染経路には、下記のような区別があると明記してあります。 空気感染…ウイルスや細菌が空気中に飛び出し、1m以上超えて人に感染させること 飛沫感染…ウイルスや細菌がせき、くしゃみなどにより、細かい唾液や気道分泌物につつまれて空気中に飛び出し、約1mの範囲で人に感染させること 接触感染…皮膚や粘膜の直接的な接触、または医療従事者の手や医療器具、その他手すりやタオルなどのような物体の表面を介しての間接的な接触により、病原体が付着することで感染すること 経口感染(糞口感染)…ウイルスや細菌に汚染された食べ物を、生または十分に加熱しないで食べた場合や、感染した人が調理中に手指等を介して食品や水を汚染し、その汚染食品を食べたり飲んだりした場合に感染します。 糞便が手指を介して経口摂取される場合を特に糞口感染といいます 。 新華社によれば、今般のウィルスが広まってしまったトリガーが、「糞便が手指を介して経口摂取され」たことにあることは、間違いない事実のようです。地元の医療関係者が確信していることが言及されているからです。要は、これまで動物にしか感染しないとされてきたコロナウィルスが、"なんらかの理由"で 人間の口に入り込んで、お腹の中で悪さをする ようになった。 そして、ここからは個人的な推測ですが、次のステップとして、食品市場内で"風土病"としてエンデミック状態に陥り、最後のステップとして

体の奥底に潜り込んでいく

思わず、「へ?え?エエエぇ!?」と言葉にならない、変な音を発してしまいました。 The coronavirus that’s infected more than 14,000 people in two dozen countries may be transmitted through the fecal-oral route, Chinese state media reported https://t.co/yZDS6vO9x8 — Bloomberg (@business) February 2, 2020 「Coronavirus May Transmit Along Fecal-Oral Route, Xinhua Reports」と題した、ブルームバーグ発信の記事であります。つまり、「コロナウィルスは、糞口経路で感染を広げた可能性がある、と新華社が報じた」ということです。 乾いた咳や肺炎という、表面的な症状が取り沙汰され、空気に漂う飛沫感染ばかり注目されています。しかしながら、国内の"シロ"と判断された帰国組の痰から、当該ウィルスがみつかったという"事件"まで取り沙汰されていることが裏打ちしているように、今般の新型コロナウィルスは、体の表層に近い粘膜ではなく、意外と体の奥底に潜り込んでいくということなのでしょう。おそらく、体の表層に症状が出る頃には、期間部位が既に重篤な範囲にわたって感染しており、免疫機能が犯された結果として、急性の呼吸器症候群が表出するのでしょう。個人的な憶測の域を出ませんが、「 長期戦を覚悟すべき 」なのではないでしょうか。 エピデミックとパンデミック 今、米国はインフルエンザの感染が広がり、おおくの方が患い、数万人規模の死者が出ていると聞きます。これをもって、"エピデミック"と呼ぶのでしょう。しかしながら、今般の"それ"は、季節的な因果関係がわからなければ、今後の感染の影響範囲、ひいては確立された治療法も、今のところはないわけです。 いわゆる大国の影響が、経済が発展するにつれ、同国の人間が、世界の国々に向くようになり、その結果として、"パンデミック"を引き起こす素地を作り上げた。それは、間違いのな

2月10日まで仕事に復帰してはならないよ

Twitter情報で恐縮ですが、「2月10日まで仕事に復帰してはならないよ」と宣言した中国の行政地域が、だんだんとわかってきたようです。 My colleage, Wan Ling, from #CRUBeijing has been checking for city / province announcements regarding Coronavirus 2019-nCoV and return to work delays. The list is growing pic.twitter.com/CQHp5CbliO — Paul Robinson (@BaseMetals) January 31, 2020 遼寧省、吉林省、内モンゴル自治区、湖北省、湖南省、山東省、安徽省、江蘇省、浙江省、江西省、福建省、広東省、雲南省、貴州省、重慶(直轄市)、平遥(市)、上海市(直轄市) 北京市は、2/3から2/7までリモートワークを指示 左記の行政地域には、多くのアルミナスメルター、銅精錬所、ならびに非鉄製品工場、それに紐づく販社のオフィスがあると思います。膝を突き合わせる必要のなくなった、昨今のデジタル・コミュニケーション世界におきましても、実体のあるものづくりをしている企業にとって、「 仕事するな 」イコール「 お金儲けできないよ 」であることは間違いありません。物流が寸断されれば、ものづくりの現場に原料が届かなくなることも予想されます。週明けの先物相場、株価ともに大荒れの様相を呈すことは必至であると言われています。 我々の業界でも、手解体を本格的にはじようと意気込んでいる中国系ヤードの皆々様方もおいでになりますが、人材の確保と安定稼働が大変になりそうですね。仮に、想定通りに仕分け、選別、解体、荷造りまで終えられたとしても、この暗中模索かつカオスの状態の中、大陸のバイヤーさんたちは、どのように値をつけ、どのタイミングで決済を行うのでしょうか。仮に、通貨自体の信憑性に疑問符が突きつけられたとき、果たして、確かに代金の決済はできるのでしょうか。また、どのように対処していくのか。 今まで、「商品性のあるクズを売る」ということは、「 (鼻に指を突っ込みながら)ダイジョブ。中国、欲しいカラ。みんな、お金イッパイ持ってるね 」という、ど