投稿

2022年 Codelco 各地域向けのプレミアム2割増と、あたふたする世界のスクラップディーラー

イメージ
コデルコ社、2022年に中国のバイヤー向けに銅のプレミアムを引き上げ 2022年 チリ銅公社・コデルコ 地域別プレミアム一覧 CHINA: 105USD/MT EU: 128USD/MT KOREA: 100USD/MT 参照: SMM News - "Codelco Raises Copper Premiums for Chinese Buyers in 2022" 引用: Market participants said on Monday that the world’s largest copper miner Codelco will supply copper to Chinese customers with a premium of $105/mt in 2022. This is up 19.3% from this year's $88/mt. 市場関係者は2日、世界最大の銅鉱山会社であるコデルコが、2022年に105ドル/mtのプレミアムをつけて中国の顧客に銅を供給すると発表した。これは、今年の88ドル/mtから19.3%の上昇です。 The spot copper premium offered by Codelco to European customers last month was $128/mt, the highest level since 2015 and an increase of more than 20% from 2021.Subsequently, Codelco provided a copper premium to a South Korean customer of $100/mt, an increase of approximately 20% year-on-year. 先月、コデルコが欧州の顧客に提示したスポット銅のプレミアムは128ドル/mtで、2015年以来の高水準となり、2021年比で20%以上の上昇となりました。 その後、コデルコが韓国の顧客に提供した銅プレミアムは100ドル/mtで、前年比約20%の増加となりました。 現在の状況を前例のない“カオス”と評す BIR会頭 欧州のリサイクル組合 BIRのト

ミックスメタルの今後を考えてみる

イメージ
先日、人生の師と仰ぐ方に、このブログをみていただいたのですが、「小難しい」との酷評を得ましたので、以後、気を付けたいと思います。確かに、自分で見返しても、「長ったらしいなあ」と思うばかりで。隙間時間に殴り書きしたメモをもとに、ちまちまと夜更かしをしてしたためるのですが、言いたいことがいっぱいあって、ついつい冗長的になります。アクセス数は、おかげさまで微増ながらも成長しているので、やめることはありませんが、時間対効果を考えると、やり方を変えるべきだと実感しています。新しい切り口で、攻めてゆきたいものです。 “ミックスメタル”ってなんだろう 最近、業界の中では、このコトバをよく耳にします。例えば、「中国が、ミックス・メタルの輸入を渋っている」とか、「国内需要家向けミックス・メタルの検収基準がどうのこうの」などです。 過去の実体から考えると、前者は、業界でいうところの“雑品”、一般の方から見たときの“ゴミ”に該当します。かつては、そのまま中国国内に船で運び込まれ、ひとつひとつ解体され、同国国内の金属原料として、再生されていました。 そして、後者の意味合いは、「車を破砕し、鉄分を取り除き、選別をしてその他の金属分(主にアルミニウム)を抽出したもの」ではないでしょうか。一般的には、アルミの合金を製造されているメーカーが購買しているものと考えられております。 つまり、“ミックス・メタル”の定義は、ひとつに括ることが難しく、「色んな金属の集合体(=複合金属)」といった概念でしか言い表せないのです。最終的には、いずれも金属の原料となります。 ナッツとメタル 適切かわかりませんが、業界外の方々に説明をする際、筆者は、このような表現を使います。「ミックス・メタルのリサイクルというのは、粉々になった“ミックス・ナッツ”から、 特定のナッツ(金属)を『どうにかこうにかして』取り出す作業 です。白っぽいクルミやらカシューナッツ、マカダミアナッツが、鉄とアルミ、ステンレス。赤茶っぽいアーモンドが“銅っぽい”モノです」と。あくまでも、想像の世界でのハナシです。簡略化しすぎでしょうか。 そして、あともうひとつ、大事な構成要素を忘れていました。5番目に、「粉っぽい部分」を挙げさせていただきます。 クルミ(鉄) カ

大きな大きな都市鉱山利権

イメージ
もはや、語気強く「やんややんや」と申し上げるネタもなくなってきました。 ギニアでのクーデター騒動、中国へのアルミナ供給に影響はあるのでしょうか。もしくは、既に織り込み済みのシナリオ。 #guinea #alumina https://t.co/0cRsV57eFZ — Michiru IMAI (@michiru_rsrcs) September 5, 2021 この“騒ぎ”も、傍観すると「ヤマ利権関係者の悪あがき」の様相を呈しております。もしくは、これも、長らく講じられてきた“資源政策”の一環なのかもしれません。この“小芝居”を掻い摘んで書き記すと、おおよそ以下の通りであると思います。 中国のアフリカ地下資源利権の地盤固めが終わる 中国、オーストラリアの地下資源に対して牽制 オーストラリア、その挑発にのる ベースメタル相場高騰 オリンピック閉幕 中国、アフガニスタンの地下資源利権を獲得 ギニア、世界情勢の混乱に便乗してクーデター ベースメタル供給、逼迫継続(操業停止、物流寸断等) ベースメタル需要、大量の資金投入によって高水準維持 ベースメタル相場、高値維持 今後、「相場が上がるのか、下がるのか」、そんなことは神のみぞ知る事象であります。ただ、ひとつ明確なのは、現在の中国は、世界の鉱物資源を巡る駆け引きの中で、相当に優位な位置にいるということです。ギニアが調子に乗るようであれば、資金援助を打ち切って、オーストラリアに声をかければいいし、後者が強気な姿勢を貫くなら、前者をバックアップすればいいだけのハナシです。 手前味噌で恐縮ですが、ちょうど昨年、弊ブログにて『 中国主導のアフリカ銅山開発は、順調なようです 』という記事を投稿しました。一度は、したり顔で「ほら言ったこと」と知ったかぶってみたいものです。 実際のところ、「アルミのギニア推し、銅のコンゴ推し」は、2019年頃から既に、“既定路線”として、堂々と語られておりました。そして、その当時から、「 なんらかの“ショック”があること 」や、それを起点とした 産業構造の転換が極端に推進される ことも、明確に言及されていました。(その頃の“雰囲気”は、『 メーカー"側"は潤っている 』にて。) 都市鉱山開発に係る

“サーキュラー・エコノミー”は、もはやバズワードではない。その〇の理由

イメージ
はい。巷にあふれる意識高い系の釣りタイトルを使ってみました。しかしながら、今回は“釣り”でもなんでもありません。「サーキュラー・エコノミーに関する具体的な目標が、大きく掲げられましたよ」というご報告であります。 中華人民共和国国家発展改革委員会は、'21年7月28日、今後5年間の循環型経済 (Circular Economy) を促進するための新たな開発計画を発表しました。計画によると、'25年までに古紙は6,000万トン、鉄スクラップの使用量は3億2,000万トンに達し、 非鉄スクラップの消費量も2,000万トンに達する としています。 資源リサイクル産業の経済規模として、5兆元(773億ドル) を見込んでいます。 参照: National Development and Reform Commission (NDRC) People’s Republic of China " News " “非鉄スクラップ”の内訳も、他の媒体で言及されていましたので、こちらも併せて引用します。 400万トンのリサイクル銅、1,150万トンのリサイクルアルミニウム、290万トンのリサイクル鉛の目標が含まれている 参照: REUTERS " China to boost steel scrap usage by 23% in next five years " いわゆる“大綱”が正式に発表されたわけです。つまるところ、この“定量的な指数”が明確になった以上、なにがあろうとも、この国は実現させます。多少の犠牲があろうとも、厭わないのです。なぜならば、「結果がすべて」であり、「 やれて当然 」なのですから。 サーキュラー・エコノミー?知ってるよ!ホントに!ホントだから 正直なところ、今まで、リサイクル関係者との対話の中で、「 サーキュラー・エコノミーってさー 」などといった話題を振ろうものなら、「 おー、おたくは本当に意識高い!倫理観だの経済などと言っても、なかなか両立できないのが現実よね。まあ、そんなことより、今後の銅相場はどうなりますかねぇ? 」といった感じに終始してしまって、盛り上がることはなかったわけです。なぜならば、「 “響きだけは良い横文字をブンブン振り回したところで、日銭を稼ぐこと

ダルマさんは転んだけど、現物を持っているアイツは転ばないよ

イメージ
さて、大陸政府によるベースメタル在庫の大放出が終わりました。今回も、「戦略物資の流入が、マーケットに大きな影響を与えた」のでしょうか。 アルミニウム 1トン当たり約1万8075元(2797ドル)で落札 上海先物取引所での5日のアルミ先物の清算値を 5.3%下回った 払下げ: 200トン強 銅 落札価格は1トン当たり6万7700元 上海先物取引所の8月渡しの銅先物価格を 1.6%下回った 払下げ: 140トン強 参照: REUTERS 『 中国の非鉄金属備蓄放出、第1回競売は予定より早く全量落札 』 結果として、「 市中相場に対して肉薄せず、プレミアム感はなかった 」わけです。つまるところ、需要家側のスタンスとして、「そこまで、“がっつかなくとも”地金は手に入っている」ということではないでしょうか。もしくは、政府側との“摺り合わせ”のなかで、大方の“落としどころ”が決まっていた。“需要”云々のハナシを語るのは、もはや野暮ですが、もしかしたら、左記同様に「そこまで食欲が旺盛でない」ということもあり得ます。 散々、言及してきたことではありますが、大陸政府は、単純に「 利益の確定を行った 」だけに過ぎません。もしかしたら、「もうそろそろ、“あれ”だから、在庫の整理を」と考え、粛々とポジションを転換しているのかもしれません。よくわかりませんが。確かに、ベースメタル相場の過熱感が表出し、「どげんかせんといかん」のかもしれませんが、相場のトレンドを捻じ曲げることが純粋な目的なのであれば、彼の国は、「国の戦略物資を切り崩して、ちまちまと打ち水をする」以外に、数多の方策を持ち合わせているような気がしてなりません。 もうひとつ気になるのは、「 どんな類のどんなグレードの地金が放出されたのか 」ということです。例えば、銅に関しては、LMEと上海の電気銅Aグレードでも、実際の規格は“少し”違います。まあ、普通に考えれば、「国際指標なり、自国の最上指標に則った商品のみ」で取引されるはずですが、実際のところは、よくわかりません。ここまでくると、やや常軌を逸した発想ですが、支払いは、現金で行われるのでしょうか。 “同等グレード"商品現物とのバーター取引 なんかだったら、事態はややこしくなります。まあ、そんなことはない