投稿

7月, 2020の投稿を表示しています

"湿式"貴金属精錬事業者の株価やばいね

イメージ
中国政府が、一般投資家のゴールド"投機"を制限するような動きがあるようですね。下記は、 パラジウム の現物チャートですが、明らかに右側(最近)になればなるほど、ボラティリティが顕著になっている。5年のトレンドの中でも、最近になって「ガチャガチャ動く」ようになったということです。 実需と大幅な乖離の元で取引されると言うことは、当然のことなんですが、今後近い将来、「また、1万円を目指すようなこと」があってもおかしくないし、同様に「これまで通り、ゴールドより安くなる」ということも十分にあり得るということだと思います。筆者としては、かつて『 血なまぐさい様相を呈してまいりましたが、"カネ"より"ゲンブツ"を抱えていきたいですね (2020/03/17)』というポストの中で、プーチンがどうのこうのとか、仮想通貨がどうのこうとか、ワケのわからないことについて言及しました。手前味噌で恐縮ですが、結構に核心に迫ることができていたと思います。 ここのところ、いわゆる"湿式"の貴金属精錬事業者の株価に注目しています。もの凄いアゲです。(相当、儲けさせていただきました!)翻って、乾式の金属精錬事業者のそれは、ややサゲのような状態です。(相当、やられました!)ここで、それぞれの銘柄の値動きを比較するようなことはしませんが、「そういうもん」なんでしょうか。株の世界は、本当に恐ろしいですね。 株価といえば、いわゆる"リサイクラー"の株価低迷が顕著になってきました。良くも悪くも、社会の公器として、リサイクルを商売として継続することの意義、大義。色んなことを考えさせられますね。常に株価を気にして、政府からの要請に応え、規制にがんじがらめになる。確かに、右肩上がりの時代においては、主導権を握って、商圏を握って、確かな利益を握れるのでしょう。ただし、現在のような金属・樹脂原料需要が低迷している中で、果たしてこれまで通りの安定経営ができるのか。 中小零細"屑屋"であれば、政府のジャブジャブぬるま湯投入作戦にどっぷり浸かって、カネを借りまくって、どうやって使うのかわからないような機械を買ってみるのも、乙なやり方なんでしょうが、大企業はそのようにいきません

未曾有のパラジウムシフトについて思うこと

イメージ
貴金属相場が、またもや沸騰して参りました。この相場は、もはや「工業用の実需」ではなく、「カネを持て余した人間の恐怖心の権化」でしかないと思います。金に関して言えば、金本位制復古の伏線なのかと思わせる言質も出て参りました。まあ、よく言われたことですが、「 素人が大挙して市場に参加し始めたら、玄人はしれっと退場する 」というハナシです。"見えざる手"の介入は、あるのでしょうか。そして、どのようなタイミングで、「待て」と言うのか。筆者としては、その日は突然やってくるのではないか、そのように考えています。 筆者のパラジウムに対する愛は、こちらの リンク からどうぞ。 https://www.michiru-resources.com/search?q=パラジウム 7月29日現在、銅の山元であるJX金属発表の建値は、トン当たり73万円となりました。7月の月中平均は、72万円ほどでしょうか。4月のそれと比較すると、おおよそ14万円ほど高いです。グラフにしてみれば、一目瞭然だと思いますが、この"沸騰"は、かつての銅相場の上げ下げ範疇でみると、いわゆる"想定内"です。騰落でみれば、この"14万円"というのが、とてつもない「異常さを孕んでいる」という表現に当てはまらないことが、明確にわかります。 じゃあ、なにが異常なのかということについて、スクラップ屋目線で考えてみたいと思います。 モノ(スクラップ)が売れない スクラップ相場(料率)が安い 競合がなかなか潰れない だいたい、こんなところじゃないでしょうか。かつてのリーマンショック時は、たしかに相場の暴落あれど、多少の無理をしてでも買い続け、売り続けることができた。もっと言ってしまえば、流動性が担保されているから、安い在庫をつくることができた。メーカー需要が存在するからこそ、販売条件の悪化は、ある程度の良識の範囲であったと聞いています。そして、業界全体に潤いが満たされているから、カネの流れがあるところに、暗い話は出なかった。放漫経営をしていれば、必然と淘汰されるなり、業態を変えざるを得なかった。それが、前回の"経済危機"であったと思います。 大波というか、大きな地殻変動そのもの しかし

どこの誰だったら、長く安心して商売ができるのか

イメージ
前回のポスト『 住友パワーとリージョナリズム 』から、しばらくでございます。銅相場は、迷走に迷走を続け、よくわからない証券会社の思惑筋の方々が、とんちのような解説をしています。筆者としましては、そろそろ一休みが必要でないか、そのように思います。銅相場をみている、すべての方々が、「この相場は、実需とのリンクなし」と理解しているわけです。業界の重鎮が、何度も何度も「高すぎる」と言っても、相場は上がり続けた。未だに、しぶとく踏ん張っている。これは、由々しき事態であると考えています。 銅の相場ってなにさ 混迷を極めた政局も、今般の四連休に合わせて、慎重にコマを進めているようです。週明けの株価、先物にどのような動きになるのか。為替に関しても、若干円高に進行している気配がありますね。中国系のヤードの社長さんなんかは、「中国の相場が上がっているのに、日本のスクラップの値段は、なかなか上がらないね」と言います。国際的なコモディティ市場には、相場に寄与するファクターがいくつかあります。緻密な事業計画を策定するのであれば、このあたりの"値決めのされ方"に関する知識は、絶対的に必要となると思います。 例えば、なぜ、日本の電気銅建値と上海の"それ"がマッチしない(「上海相場の値段を円転したときに、なんでこんなに値段が違うのか?」ということ)のか。もっと言ってしまえば、"それ"の基準て、そもそもなに?ということだって、深く理解すべきです。ロンドンの相場をみている人がいる一方で、上海、ニューヨークのそれを指標にしている人もいます。そして、それらすべてを比較している人もいます。理解している人にとって、「"そこ"になにがあるのか」という事実は、当然のことであり、「 理解していない人が、なぜ、"それ"を理解できないのかということを理解できない 」のです。 毎度のことですが、冗長的になってしまいます。しかしながら、今後、コモディティ市場、"コモディティたり得るスクラップ市場"は、 ますます素人が介入できなくなる こととなるでしょう。今までのように、「オレ、中国のメーカー知ってるから、大丈夫!(オッス、おら悟空!)」的な"ノリ"で商売をされ

住友パワーとリージョナリズム

イメージ
ここのところ、筆者の住まう地域では、ずっと曇りか雨が続き、どんよりとした天気です。湿度も高く、日光を感じられないため、イライラが募ります。こんなとき、仕事もうまく行けば、トントンというか、なんともないんでしょうが、そうはいきません。メディアは、件(くだん)のウィルス名を繰り返し繰り返し叫んでいますが、なにか進展があったのでしょうか。新たな治療法でも、発見でもなんでもいいのですが。 ハナシは、いつものようにやや脱線します。最近、飲食店の客の流入を眺めていますが、あることに気づきます。筆者の思い過ごしでしょうが、「客の"入り"の時間が早まり、"捌け"の時間が遅くなった」ということです。ランチに限るので、ディナーの様子がどのようであるかは、わかりません。おそらく、客の回転率は、そこまで改善されないでしょうから、「滞在時間が増えた」ということでしょうか。つまり、 皆さん「暇だ」ということではないでしょうか 。多少の飛躍は否めませんが、実際にそのようであると思います。 だって、以前のように、勝手気まま動けないんだから、営業職は消極的になるし、後手後手にならざるを得ないし、「しょうがないもん」と思ってしまいます。サラリーマンの方々に限ってですが。恐らく、経営者側は、「やばい」と思っています。今後、大手が大々的な人員削減を始めたら、中小も追随します。日本国における、中小零細の割合は9割強ですので、そのような"トレンド"が発出すれば、一瞬で雇用における"神話"は崩壊します。"家族的"経営を標榜しているあの会社でさえ、社長本人の家計が回らなくなれば、切りますよ。これまで、家族のように大事に扱ってきた"人財"さえも。 散々、言われてきたことですが、「 有事の際に、人の本性が現れる 」ということです。これまで何千トン級の契約を纏めてくれた、凄腕営業マン。調子の良いときは、良い顔しますよね。だって、会社が潤って、自分も金銭的に潤うのですから。意味のわからない評価制度で、なんとなく「凄いことをした」からと、仰々しい役職を与えられ、多いのか少ないのかわからない特別ボーナスを貰って、たんまりと税金を払う。気づいてみたら、会社から一歩も出られなくなって、もち

銅相場に対する山師の思い

イメージ
某国からのアクセスが、なぜか急に伸びました。すべての記事を舐め回すかのように、じっくりと読んでいただいた形跡がありました。そして、喜ばしいことに、前回のポストも通常時に比べ、多くのアクセスを頂戴しました。相場師の皆々様方のご支援があって、このブログの運営も成立しております。心より御礼申し上げます。 そんなことを言っている間に、銅相場は、なんだかとても" きな臭い感じ "になっております。手前味噌で恐縮ですが、昨今の金属スクラップ業ならずとも、経済界全体が、2018年5月に当ブログ(『 きな臭い感じ 』)で言及した"戦国時代"の様相を呈し、"淘汰"がもの凄いスピードで起きています。 当時は、どこのスクラップ屋の社長様方に、このようなハナシをしても、「 パラノイア小僧の戯言 」と一蹴されてしまうのが関の山でした。実は、言っている本人でさえ、「本当に、そうなるのだろうか」と、常に疑心暗鬼になり、「もう、余計なことを言うのはやめよう」と諦めの心境でした。その際、「今まで見聞きしたことを咀嚼した上での、自分なりの見解」をブログで発信することを思いつき、今に至ります。 「だから言っただろう」などと嘯くつもりは、毛頭ございません。実際に、偉そうなことを言っている筆者当人でさえ、今般の"経済危機"の被害を大きく受けています。間違いないことは、「今後、これまでの"当たり前"は、まったく意味を成さない」ということであり、「誰かが産業構造の仕切り直しを求めている」ということです。いつもの胡散臭さがプンプンして参りました。いずれにせよ、「左団扇で物量・売上至上主義を貫く企業は、長続きしない」ことは間違いないようです。 銅相場が、ワカチコして参りました。これだけ、業界の重鎮が、「この相場、なんかおかしくないか」と警鐘を鳴らし続けているにも拘わらず、上げに上げ、相場関係者が大好きなコトバ「中国での銅需要が…」だとか、「南米の銅山が…」跋扈しています。確かに、左記のような状態にあるのでしょうが、それが本当に、「需要と供給のバランスが大きく崩れているが故の高騰」とがっつりリンクしているのかというと、大きな疑問符を掲げざるを得ません。 そして、現在のスクラップ市場における