投稿

7月, 2021の投稿を表示しています

ダルマさんは転んだけど、現物を持っているアイツは転ばないよ

イメージ
さて、大陸政府によるベースメタル在庫の大放出が終わりました。今回も、「戦略物資の流入が、マーケットに大きな影響を与えた」のでしょうか。 アルミニウム 1トン当たり約1万8075元(2797ドル)で落札 上海先物取引所での5日のアルミ先物の清算値を 5.3%下回った 払下げ: 200トン強 銅 落札価格は1トン当たり6万7700元 上海先物取引所の8月渡しの銅先物価格を 1.6%下回った 払下げ: 140トン強 参照: REUTERS 『 中国の非鉄金属備蓄放出、第1回競売は予定より早く全量落札 』 結果として、「 市中相場に対して肉薄せず、プレミアム感はなかった 」わけです。つまるところ、需要家側のスタンスとして、「そこまで、“がっつかなくとも”地金は手に入っている」ということではないでしょうか。もしくは、政府側との“摺り合わせ”のなかで、大方の“落としどころ”が決まっていた。“需要”云々のハナシを語るのは、もはや野暮ですが、もしかしたら、左記同様に「そこまで食欲が旺盛でない」ということもあり得ます。 散々、言及してきたことではありますが、大陸政府は、単純に「 利益の確定を行った 」だけに過ぎません。もしかしたら、「もうそろそろ、“あれ”だから、在庫の整理を」と考え、粛々とポジションを転換しているのかもしれません。よくわかりませんが。確かに、ベースメタル相場の過熱感が表出し、「どげんかせんといかん」のかもしれませんが、相場のトレンドを捻じ曲げることが純粋な目的なのであれば、彼の国は、「国の戦略物資を切り崩して、ちまちまと打ち水をする」以外に、数多の方策を持ち合わせているような気がしてなりません。 もうひとつ気になるのは、「 どんな類のどんなグレードの地金が放出されたのか 」ということです。例えば、銅に関しては、LMEと上海の電気銅Aグレードでも、実際の規格は“少し”違います。まあ、普通に考えれば、「国際指標なり、自国の最上指標に則った商品のみ」で取引されるはずですが、実際のところは、よくわかりません。ここまでくると、やや常軌を逸した発想ですが、支払いは、現金で行われるのでしょうか。 “同等グレード"商品現物とのバーター取引 なんかだったら、事態はややこしくなります。まあ、そんなことはない