投稿

1月, 2020の投稿を表示しています

ねえ、パラジウムって、いつ"サゲ"るのさ

イメージ
パラジウムのこれまでの良い意味での迷走は、どこにあったのでしょうか。まだ、"続伸"なのかもしれませんし、もう、"オワコン"なのかもしれません。それは、まったくわかりませんが、今般の相場の動きが、なんであったのか、はたまた「今後、どのような動きをしていくのか」ということを邪推してみることは、我々のような山師、原料屋にとって、ひとつの楽しみでもあります。 ひとつ、ふたつと、今回の"上げ"に係る要素について考えてみました。 瞬発的なアゲ…産業用のマスク需要がパンパン 中長期的なアゲ…NEV向け触媒"期待"需要がビンビン 地政学上のテンションに翻弄されたアゲ…米露の関係良くないゼンゼン 東京商品取引所 のパラジウム2月限月は、月初 @6,600から始まり、足元(1/24) @8,800まで急進しています。 ここまで相場が高くなってしまうと、次に考えるべきことは、「いつ下がるのか」という点に絞られます。筆者の活動するスクラップの分野では、基板や触媒関連が大きな影響を受けます。相場変動は、他の流通量の多い金属(銅やアルミなど)と比べると緩やかでしょうが、単価が大きいため、リスクは小さくありません。 瞬発的なアゲ 産業用と言っても、実際のところ、色んなマスクが存在していると思いますが、世の中には、一酸化炭素の吸入を防ぐために、パラジウムを織り込んだものが流通しているようです。オーストラリアでの大規模森林火災現場での作業なんかにも、恐らく使われているのではないでしょうか。もしかしたら、もっと特殊な環境下でも使われているのかもしれません。 中長期的なアゲ 次の"地政学的な"影響にも絡むと思いますが、NEV需要はカチンコチンに堅いです。グレタさんが、小洒落たスイスのリゾート会議でゴタゴタ言えば言うほど、懐が潤うわけです。環境ビジネスの既得権益層の。いくら、ケツの青い若者が「温暖化対策が不十分!飛行機は乗るな!!」などと嗾けたところで、大人は「そんなことをしたら経済活動が止まってしまうじゃないか」と、「じゃあ、経済活動を阻害することで、将来の気候変動に対する影響度はどれぐらいあるのか?定量的な数値は?」などと、したり顔なわけです。 誰しも

世界のあちこちで、ポジショントーク砲が炸裂しています

イメージ
BIRが、件の「中国政府発表の再生原料規格(黄銅、銅、アルミ)」に係る発表内容のリンクを公表しましたね。 BIR is a non-profit organisation under Belgian law. BIR statutes (Articles of Association) and Internal Regulations (including Guidelines for Chairpersons) were revised and approved in February 2019. The registered office is currently headquartered in Brussels, Belgium. - ABOUT BIR BIR(Bureau of International Recycling)とは、1948年設立の国際的なリサイクル業者の団体。72の国、800のメンバーを束ねる。1)鉄・スチール、2)非鉄金属、3)紙、4)テキスタイルの部会、1)ステンレス・特殊鋼、2)プラスチック、3)タイヤ・ラバー、4)Eスクラップの専門委員会を設ける。年に2回、欧州域内にてコンベンションを開催する。 参照:『 BIR News - China publishes new specification for copper, brass and aluminium scrap products 』 そんな中、ISRIの会頭であるRobinさんが、こんな発言をしています。 China Finally Acknowledges Scrap is Not Waste. The announcement marks the culmination of years of ISRI advocacy, w/ the BIR, that scrap are valuable commodities, pulled out of the “solid waste” regime & recognized as raw materials. https://t.co/1e28niW9OI @BIRworld @ISRI pic.twitter.com/6uyXwnGTNJ — Robin Wiener (@RWsc

銅相場に対するロング論調を振り返る

ちらほらと、銅相場に対して"LONG"の論調が増えてきました。彼のスイスのリゾートで行われる某会議で、"見えざる手"としての仕手筋と、"カミ"としての大資本家との間で合意形成が取れたのでしょうか。皆様、「 ほら、言ったでしょ 」的なポジショントーク全開ですが、これも世の常、散々申し上げたことですが、既定路線をひた走るのみです。 折角なので、「 ほら、言ったでしょ 」的な私的見解を、過去の拙ブログから拾い上げてみたいと思います。 2017/12/04付 『 業界の重鎮が「銅はイイぞ」と申しております 』 業界の重鎮として一目を置かれている Robert Friedland 氏(Ivanhoe Mines Ltd. 創業者 兼 会長)が、「銅は、産業の要である。今後、EV自動車が産業構造を大きく変えることは 間違いない 」といったことを申しています。 記事の中では、「 現行の市販車には、18-49ポンドの銅が使われている が、 PHV車においては132ポンド、EV車においては183ポンドのそれが必要となる 」といった言及をしている。また、それだけでなく、 インフラ面でも電気自動車を運用するシステムには銅が必要とされている ことも強調している。 2017/12/05付 『 業界の重鎮が「銅はイイぞ」と申しております パート2 』 鉱山会社は、良質の銅鉱脈を探し当てられないだけでなく、2011年からつづく下げトレンド('11から'16までの5年間に銅相場は、50%下がった)による新陳代謝の悪化がつづき、死に体の様相を呈している。ブルームバーグの予想では、 2022年までの4年間 、こういった需給バランスの崩れによる、 銅価の高騰は不可避 であるとのこと。 2019/02/26付 『 そこはかとなくみえるものと、非鉄金属関連の気になるニュース 2/26 』 我々の業界の中で、「原点にもどる」とは、どういう意味を持つでしょうか。原点に戻るからといって、「原始にもどる」わけではありません。農作業のついでに電線を野焼きするのも乙なんでしょうが、時代には即しません。個人的には、「品質の追求」ではないか、そのように考えております。品質の良いものが売れる。ただただ、

ワケることは、分かること

イメージ
今日も一生懸命、ワケていました。無我夢中でワケていました、砲金を。あの甲高い、キン!という鳴き声。金属マニアにしかわからない、癒しの音でございます。 昨今、色んな方々と商売の話をする機会に恵まれております。つくづく、感じるのは、「屑屋」と「 原料屋 」の感性の違いです。それは、利益の生み出し方かもしれませんし、有価資源に対する思い入れの熱量、視座など言い出したらきりがありません。結局のところ、「屑屋」も「 原料屋 」も扱っているものは同じなので、言葉のアヤとでもいいましょうか、"根"の部分はまったく同じです。おそらく、「 原料屋 」は単純な"カッコつけ"であって、選り好みの激しい欲張りであると言い切っても過言ではないと思います。 ここまで言い切っても、私は「 原料屋 」でありたいと願ってしまいます。なぜかというと、「金属のことを、もっと分かりたい」という欲が原点であり、「(需要家の要求に沿って)分けることで付加価値を生み出したい」し、「お客さんに喜んでもらいたい」というのがポリシーであり、あわよくば「人がやらないことをやって、対価としての金銭を稼ぎたい」というのが芯にあるからです。 燦然たるベチュベチュ 少し脱線しますが、最近、某東南アジア出身の同世代と仕事をしています。まだ、日本語はたどたどしく、説明に難儀することも多々ありますが、仕事はとても真面目です。新しい知識を得ることで、「もしかしたら、この知識・経験をもとに、自分の国で同じことをやったら、儲かるんじゃないか」と思ったであろう瞬間の、彼らの喜びの表情は、とても輝いています。 そんな彼らから受けた質問の中で、ひとつ心に残るものがありました。 「コレと、これは、 ベチュベチュですか? 」 当初、この質問を受けた際、真面目に南米の古代遺跡の情景が浮かんでしまいましたが、本質はそこではありません。語彙の選択に、若干の可愛げがありながらも、我々の業界において、純然たる商売の極意として君臨しながらも、非常に忘れられがちな、「"分ける"ことで付加価値が生まれるかもしれない」という最初の疑念を、彼らは持っているのです。 心理学の教科書にも載っていました。「 "分ける"ということは、"分かる

NEVの熱波がじんわりと

次のメシウマ案件として、巷でチヤホヤされている"NEV"について調べてみました。どうやら北京では、'20年Q4までに、域内の全4.5トントラックの90%をNEVに置き換える構想があったようでして。域内の軽量トラックの販売台数は、19,000台。中国全土における、北京の占める割合(インパクト)は、3%とのこと。テスラの上海メガファクトリーも順調なようですので、降って湧いたかのように、NEV需要がポンと出て、各ベースメタル群の相場を押し上げてくれることでしょう。 また、なにを血迷ったのか、パラジウム相場がいい意味で迷走しております。巷では、欧州のさらなる環境規制強化に向けての触媒需要と言われていますが、真相は闇の中。仕手筋は、大本営から小出しにしながら提供される筋書き書をもとに、市場を突くわけですから、彼らのお尻がムズムズするところに、なにか背景があるのだと思います。また、国内のニュースにも、降って湧いたかの如く、FCVの実証実験が進んでいるようなニュースを確認できました。はてさて、どんな"思惑"があるのでしょうか。 NEVとは? NEV:New Energy Vehicle。中国語で新能源車。日本語訳では、新エネルギー車、略して新エネ車。…中国政府は、日米欧の大手メーカーより競争力のある自動車メーカーを育成するという野心を隠していません。その目標達成のために選んだのが、低公害・高燃費のガソリンエンジン車ではなく、NEV(新エネ車)なのです。つまり、NEV(新エネ車)は、国民が強く求めている青い空を取り戻し、世界一の自動車大国になるという、中国政府にとって極めて重要な目標の中核的ピースなのです。 参考:『 NEVとは? 』 下記、NEVとして認知されている自動車区分のそれぞれについて、「(1) メインの動力・エネルギー」と「(2) コンセントから充電できるか否か」について言及します。各カテゴリー毎の有名車名等は、リンク先でご確認ください。 EV…電気 | (1)モーター/電気, (2)できる HV…ハイブリッド | (1)エンジン/ガソリン, (2)できない PHV…プラグインハイブリッド | (1)モーター/電気, (2)できる FCV…燃料電池 | (1)モーター/(車内で発電した