投稿

8月, 2021の投稿を表示しています

“サーキュラー・エコノミー”は、もはやバズワードではない。その〇の理由

イメージ
はい。巷にあふれる意識高い系の釣りタイトルを使ってみました。しかしながら、今回は“釣り”でもなんでもありません。「サーキュラー・エコノミーに関する具体的な目標が、大きく掲げられましたよ」というご報告であります。 中華人民共和国国家発展改革委員会は、'21年7月28日、今後5年間の循環型経済 (Circular Economy) を促進するための新たな開発計画を発表しました。計画によると、'25年までに古紙は6,000万トン、鉄スクラップの使用量は3億2,000万トンに達し、 非鉄スクラップの消費量も2,000万トンに達する としています。 資源リサイクル産業の経済規模として、5兆元(773億ドル) を見込んでいます。 参照: National Development and Reform Commission (NDRC) People’s Republic of China " News " “非鉄スクラップ”の内訳も、他の媒体で言及されていましたので、こちらも併せて引用します。 400万トンのリサイクル銅、1,150万トンのリサイクルアルミニウム、290万トンのリサイクル鉛の目標が含まれている 参照: REUTERS " China to boost steel scrap usage by 23% in next five years " いわゆる“大綱”が正式に発表されたわけです。つまるところ、この“定量的な指数”が明確になった以上、なにがあろうとも、この国は実現させます。多少の犠牲があろうとも、厭わないのです。なぜならば、「結果がすべて」であり、「 やれて当然 」なのですから。 サーキュラー・エコノミー?知ってるよ!ホントに!ホントだから 正直なところ、今まで、リサイクル関係者との対話の中で、「 サーキュラー・エコノミーってさー 」などといった話題を振ろうものなら、「 おー、おたくは本当に意識高い!倫理観だの経済などと言っても、なかなか両立できないのが現実よね。まあ、そんなことより、今後の銅相場はどうなりますかねぇ? 」といった感じに終始してしまって、盛り上がることはなかったわけです。なぜならば、「 “響きだけは良い横文字をブンブン振り回したところで、日銭を稼ぐこと