投稿

10月, 2019の投稿を表示しています

中国向けスクラップ輸出、溶かせばいいのか

イメージ
思うところ、たくさんありますが、昨今の中国向け輸出、もちろんスクラップのことですが、至る所で様々な、いわゆる"ポジショントーク"が飛び交っていると思います。業界関係者の皆々様、特に有名な方の発信するSNS情報を拝見するに、正直なところ「やべえ、俺のところに全然情報入ってこねえ」的な焦りのようなものがあり、「あー、でも、なんか言わなきゃな」的な使命感に苛まれているような感じがします。 おれ、東南アジアでインゴットつくるよ! 一部では、「 東南アジアでは、中国向けのインゴット製造(非合法)がはじまった!(どや) 」みたいな言質を以って、あたかも新たな動きのような説明をされる方がおられますが、いかがなものでしょうか。そもそも、いわゆる合法、非合法問わず、彼の国々ではそのような"錬金術"は、一般的に行われてきたと思います。決して、今に始まったこと、これから主流になる動きではないと思います。そして、日本ではコストの面から採算がとれないのだから、多くの行き場を失ったスクラップが、彼の地へ向かうはずだという考えも、いささか表現が暴力的と言いいますか、短絡的であると思います。 統計を見ればわかることですが、中国は南米やアフリカから粗銅を買っています。もっと言ってしまえば、日本の精錬も同じことをやっている。国は違えど、「ある程度の銅品位が見込めて、銅以外の金属も得られる、安い半製品」に対して、世界の需要家が群がっているのが、今の現状です。「いや、まさか。国内市中からスクラップ買わないのに、なんでわざわざ輸入するのさ!」と言われましても、私は知ったこっちゃないです。 なぜ、このような批判的な態度をとるかというと、「溶かしてドーン!」的な品位の低い「 "闇鍋"をやったあとの残り 」と、冶金学上の原則に基づいて「砲金粉で…真鍮粉だと亜鉛の…電磁攪拌で成分が…足は何本出す…」などとヤンヤヤンヤ試行錯誤しながらの原料としての製品づくりが一緒くたにされている様子が、なんとも歯痒いからです。 今後の中国向け輸出のあり方を妄想する はい。こちらに、中国の輸入関税表、銅関連があります。 これまで、いわゆる「銅のスクラップ」は、盲目的に「銅のくず(HS#:7404)」として輸出されていたものと思われま

アフリカで花開く一帯一路

イメージ
鉱山で起こる紛争やらなんやらって、最初に誰が「 いっちょ、やってやっか! 」って周りを嗾(けしか)けるんでしょうか。いつも疑問に感じてしまいます。 今回もチリで暴動まがいの事態になっている、既に暴動なのか、よくわかりませんが、大変みたいですね。都市伝説信奉者としては、「 胡散くせえな 」と感じてしまいます。かつては、チリペソと銅相場が相関関係にあって、同国での情勢を探ることが肝要であったのだと思います。しかしながら、現代に至っては、そこまでの影響力はないものだと認識しています。そんな状況下にありながら、相場関係者は「 わーい、銅が上がった! 」とけしかける。完全にポジショントークですよね。業界の面々は、相場の上げ下げで飯食っているようなものですからね。まったく、こういう仕手筋の方々には、ただただ畏敬の念しか湧きません。 中国、スクラップやめるってよ そんな中、なかなか興味深い記事を読みました。 タイトルは、「グダグダ相場の中でも、 中国は銅に関してはかなり強気 だよ!(原題:" China takes the long view on copper despite soft market ")」といった風情です。カナダのThe Globe and Mailという媒体ですが、数日間のみフリーアクセスで全文読めました。 特筆すべき点は、下記の通り。 Jiangxi Copper(江西銅業)が、Pangaea Investment Management社を通じて、バンクーバー在 First Quantum Minerals社の株式10.8%を得たことを先週報告した 最終的には、その持分が16.6%にまで上昇する可能性もある Kamoa-Kakula銅山プロジェクト (コンゴ共和国)は、バンクーバー在 Ivanhoe Mines社が開発を進めている 同社の株主は、中国の CITIC Metal Group社(26.4%)、Zijin Mining Group社(13.9%) 後者は、Kamoa-Kakulaの39.6%の権益を持っている はああ〜そこまで強気なら、無理して銅スクラップを買わなくても平気ですよね!ここまで肩入れするということは、何らかの確信がないといけないですよね。5Gインフラにしても

中国、スクラップやめるってよ

イメージ
今後の世界経済の趨勢を占うべく、様々な"胡散臭い"統計が各所で発表されていますね。 米中貿易協議の先週の「部分合意」によって、世界的な先行き不透明感が緩和されるかどうか投資家は見守っている…報告書は「見通しではリスクが優勢に見える」が、多くの国で最近実施された金融緩和に伴い、「米中貿易摩擦が緩和されたり、英国の欧州連合(EU)からの『合意なき離脱』が回避されたりする場合は特にそうだが、 需要が予想以上に押し上げられる可能性もある 」と分析した 参考:Bloomberg「 IMF19年世界成長3%に下げ、10年ぶり低調-日本20年0.5%に上げ 」 なにを言いたいのか、よくわかりませんが、要は「突然、上振れする可能性もあるから、お前ら覚悟しとけ!」ということでしょうか。 あわせて、こんな"予測"もあるようです。 参考:Bloomberg " These 20 Countries Will Dominate Global Growth in 2024 " 世界経済に占めるGDP成長率の内訳('19と'24比較)ということだと思います。上記の画像は、筆者が勝手にエクセルに落とし込んだものなので、精度は保証できません。 まず、リージョナリズム信奉者としては、「国ごとの成長率予測が意味をなすのか」という点に疑問を感じざるをえません。次に、その他、特筆すべき点は下記の通り。 AOEC(その他の経済圏の集合。勝手に略したので、こんな名称はないと思います。)の'24世界経済におけるプレゼンスが高い ロシア、ドイツ、エジプトは、5年後も同程度の影響力を持つ ベトナムは、影響力をなくす 中国が、米国が云々というのは、「まあお互いに、仲良く4%ずつぐらい"クニ"のプレゼンス減らしてみましょう。痛み分けみたいなもんでしょう。その代わり、それぞれの植民地でガッポリ稼いでいきましょうよ」的な既定路線であると考えています。日本は、米国の植民地であって、時代の転換期において特別な"配慮"をいただいて繁栄したクニなので、これから突然再興するとか、ナンバーワンになるとか、そういった楽観的観測は明確にナシだと思います。 個人

日本は不寛容社会なのか、中国は結局のところ銅を欲しがっているのか

日本ではなぜささいなことで炎上するのか?日本は不寛容社会なのか? いや、突き抜けた人が少ないだけでしょ。みんな慣れてないだけだと思う。炎上や変人や普通じゃない人やことに。 — Yusaku Maezawa (MZ) 前澤友作 (@yousuck2020) 2019年10月17日 前回の ポスト を引きずりますが、ここ数日モヤモヤしていた感情を、前澤社長が端的に表現してくれました。 恐らく、実際にそうなんでしょう。氏が仰る「炎上や変人や普通じゃない人」とは、まさに アウトサイダー であり、社会の周縁で生きる人間たちのことです。モーリー・ロバートソンは、言いました。「個人個人の中で事実よりも“気持ちよさ”が勝ってしまうと、その『事実ではないもの』がいつの間にか既成事実化していく。こうした潮流は“ポスト・ファクトの時代”ともいわれ、アメリカのみならず欧州各国でも極右政党が躍進するためのエンジンとなっています」と。(参考: 「モーリー・ロバートソンがトランプの勝因を分析 『一般市民がSNSでデマを検証もなしに拡散できるようになったから』」 ) かつて、当ブログにおいてISRIの会合の中で、元米国商務省長官が「 トランプ政権は、世界経済に大きな"うねり"を造る。 世界はリージョナリズムに向かう」と言及したことを 報告 しました。ワーディングは違えど、実際にトランプ政権は、いわゆる"業界"の掟を塗り替えているわけです。それは、彼の支持母体からの意向であり、「"業界"を動かす業界」の方々による指示であることは間違いないと思います。突然、トンデモ論者のような嘯き加減になってきましたが、これは純然たる"トゥルース"としての真実なのでしょう。トランプさんが塗りたくる"ファクト"としての真実とは相容れない、崇高な定量的な目標が存在するのだと思います。 毎度、枕が長くなってしまい、大変申し訳ございませんが、要は「産業の構造が大転換期にある」ということは間違いないということです。もっと言ってしまえば、社会自身のあり方、行く末も大きな変革の時代にあると言えます。言い換えると、これまでタワワに実る果実の美味しいところを牛耳っていた人間が、それを享受できなくなる可能性がある

多様性を生む、ビジネスを生む

いつものことながら、前回の投稿から日がだいぶ経ってしまいました。毎回、同じような枕で始めているような気がします。如何せん、このような経済が停滞した状況下、ひいては先日の台風19号の残した爪痕の深さからも、前のめりで発信する浮いた話、新規案件の提案など、"出しよう"がありません。我が国、日本。今後、どこへ向かっていくのでしょうか。 平成の30年、日本は経済では没落したけど、スポーツはマジで強くなった。日本はヨーロッパでいうとスペインやイタリアみたいな国になるんやなぁ・・・。 — 田端信太郎 @田端大学塾長である! (@tabbata) October 13, 2019 ただ、昨日のラグビー日本代表対スコットランド戦、非常に引き込まれるものがありました。昨今の停滞したわが国を、腹の底から鼓舞してくれる、そんな一大イベントでした。近日中に行われる決勝リーグも、当然のことながら、見逃せません。我々の活力の源泉としての選手たちの覇気、パワー。己のために、社会のために奮闘する仲間がいると感じることができることは、素晴らしいことであると思います。そして、そのような生き様をまざまざと見せつけられ、自分になにができるのか、何をしなければならないのか、真面目に自問していかねばならぬとも考える次第です。 非鉄金属原料の世界に多様性はあるか このようなテーゼに対し、我々はどのように回答できるでしょうか。そもそも、この業界に多様性が必要か、ラグビー日本代表のように、日本という旗印のもとに集まった猛者共と比較すべきか、多様性とは一体なんぞや、というアンチテーゼもあろうかと思いますが、筆者としましては、「多様性は必要である」と強く考えています。なぜかと申せば、政府の環境対策しかり、法整備にせよ、既得権益層ならびに為政者のなかに革新的なアイデア、つまり現状を打開するような施策を明確に打ち出すことができる面々が存在するとは考えられないからです。個人的には、「"多様性"とは、当たり前のことを当たり前だと盲目的に信じない人を受け入れる素地である」と定義しています。 我が国のリサイクル、殊に金属の精錬という観点で振り返ると、当地は大陸からの技術伝承があり、当地で産出される鉱物資源をもとに、大輪の花を咲かせた時期がありました。ざっくりとした