投稿

12月, 2020の投稿を表示しています

スクラップ屋の頑固オヤジが本当に危惧している日本の資源政策

イメージ
年の瀬を迎えるにあたり、面白いニュースがいくつか舞い込んでまいりました。(先月末に作成していた記事がポストできていませんでした。少し古いネタですが、加筆したものを投稿します。) 非鉄金属製品商社が狙うモノとは 参照: M&A Online 『 アルコニックス<3036>、空調機器向け配管部品メーカーの富士根産業を子会社化 』 アルコニックスが、空調関連の製造会社を子会社として迎え入れるようです。同社がかつてから標榜していた(動脈から静脈まで)を体現する流れとなりました。表面的には、製販一体、"流通"plusモノづくりの流れに違いないんでしょうが、結局のところ、これまで実際には分断していた商流の"ワ"の部分を、真の意味で「全部かっさらっていくぜ」という大きな志の表れです。"それ"は、"輪"でも"和"でもいいんですが、既存のエコシステムを掌握するという意味では、業界における破壊的なイノベーションであると思います。 当金属スクラップ再生業界の観点からみても、このアクションは無視できないものと捉えています。仮に、"一連の流れ"を独占するのであれば、モノづくりをする上で必ず排出されるスクラップの"シマ"に対しても、同様のメスを入れるのではないでしょうか。素材系商社が、材料を納め、排出されたスクラップ"をリターン材"として回収し、当該素材のメーカーへ献上(返納)する商売のやり方です。 この"やり方"が増えると、最も割を喰うのは、これまで工場からNewスクラップの引き取りを行っていた業者だと思います。次に、その工場自体も、"様々な理由"で旨味がなくなってしまいます。その理由は、それぞれだと思うので、一概になんとも言えませんが、まあ、要は色んな方々の"和"を乱してしまうことは間違いないわけです。 一方で、大手のメーカーへ直接納入している業者、メーカー自身は、これまで通りの商売ができるため、大きな"痛み"はないものと考えています。むしろ、そうなることで"旨味"はマシマシのモリモリかもしれません